スポンサードリンク

2011年10月04日

NHKの新朝ドラ『カーネーション』始まる!初回は16.1%!

NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』が、昨日10/3からはじまった。

本作は女優の尾野真千子さん(29)が主演を務め、ファッションデザイナーのコシノ3姉妹の母で、自身もデザイナーの草分けとして活躍した小篠綾子(こしの・あやこ)さんをモデルとした子育て奮闘記だ。

ビデオリサーチ社の調査によると、平均視聴率は関東地区で16.1%、関西地区は16.2%だった。

ドラマは、大正2年、大阪岸和田の呉服商の家に生まれた次女・小原糸子(おはら・いとこ)がヒロイン。
男勝りでだんじりが大好き。大工になるのが夢の糸子だが、当時の日本では大工は男の仕事だった。
ドレスとの出会いをきっかけに「大工が男しか出来ない仕事なら、私は女にしか出来ないような仕事をしてやる」と一念発起。父の反対を押し切って女学校を中退し、ミシンの修業を積んで、洋装店を開業する。
しかし、結婚し3人目の子どもを身ごもった時、夫が出征先で戦死し、状況は一変。
女手一つで娘3人を育てることになるのだが……という物語。

脚本を担当したのは映画「ジョゼと虎と魚たち」(03年)などを手がけた渡辺あやさん。
主題歌には椎名林檎さんが書き下ろした曲「カーネーション」が採用された。
第一回は、少女時代の糸子に二宮星ちゃん、糸子の父・善作に小林薫さん、母・千代に麻生祐未さん、祖母ハルに正司照枝さんらが出演した。



ノスタルジックでなかなか良い歌かも
さすが林檎w
posted by お天気そらじろう at 16:14| ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。