スポンサードリンク

2011年11月02日

大竹しのぶが紫綬褒章を受章!元夫明石家さんまはまだ知らない?

本日2日、2011年度秋の褒章が発表となり、学術・芸術・スポーツで著しい業績を上げた人を対象とする紫綬褒章に女優の大竹しのぶ(54)が選ばれた事がわかった。

紫綬褒章受章会見に登場した大竹は、「栄えある章を頂き、自分がすごく長い間女優をやってきたという事をかみしめています。出会った人すべてと、今まで演じてきた役達にも感謝したい気持ちでいっぱいです」と喜びを言葉にした。

大竹は1974年に「ボクは女学生」というドラマの一般公募で初のメディア出演。
1975年に映画「青春の門−筑豊編−」のヒロイン役を演じて本格デビューを果たした。
その後、舞台「奇跡の人」「マクベス」・トレンディドラマ「男女7人夏物語」・映画「黒い家」に出演するなど、幅広い分野で女優として活躍してきた。


大竹は受章について聞かれると「家族には伝えたんですけど、あまり興味がないようです」と話したが、元夫の明石家さんまには「そういえば、言ってないかも・・・」と笑った。
女優人生の転機となる出会いについて聞かれると「たくさんありますが、一つは結婚した主人との出会い。それと『男女7人夏物語』で、私の軽さや、コメディーを楽しく思える部分を引き出してもらえた事。いろんな男の人たちに支えられてきました…と言えたら、カッコいいですね」と語り「新藤兼人監督が来年100歳になりますので、短いものでいいから、記念に映画を撮ってほしいですね」と希望を示している。


これ、ちょーお勧め!
かなり前に見たんだけど、大竹しのぶが「おっぱいくわえろや〜〜」っていうシーンと、トゲトゲしたボウリングの玉を無表情で転がすシーンが忘れらんないww
この人演技すごくうまい!
posted by お天気そらじろう at 16:24| 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。