スポンサードリンク

2011年11月10日

松嶋菜々子主演「家政婦のミタ」第5話が高視聴率をマーク!大人気でキムタク超える!

女優の松嶋菜々子さん主演の、日本テレビ系連続ドラマ「家政婦のミタ」の第5話(9日放送)の平均視聴率が、22.5%を記録したことがわかった。

第5話の番組内最高視聴率は、午後10時51分と52分に24.5%を記録
これは関東地区の視聴率で、関西地区での平均視聴率は19.9%だった。

「家政婦のミタ」は、人気連続ドラマ「女王の教室」や、「魔女の条件」などを手がけた遊川和彦さんが脚本を担当。
今回の松嶋さんの役は、彼女には珍しく“非常に冷徹な”家政婦の三田灯(みた・あかり)だ。
三田が派遣された阿須田家は、母親が亡くなり、残された4人の子供と父親が家庭崩壊の危機に直面している家庭で、そこで三田が直面する様々な問題と人間模様を描いていく。
毎週水曜午後10時に放送中。

10月12日に放送された第1話が19.5%を記録し、最初から好スタートを切っていた「家政婦のミタ」。
初回に高い視聴率が出るのは普通で、段々と視聴率が落ちていくのが常の連続ドラマだが、第3話で初回超えとなる19.8%を記録。
秋の連続ドラマの中でも、全話で18%以上の高視聴率を達成しているのは、この作品だけとなっている。

今まで、今期の連続ドラマの最高視聴率は、木村拓哉さん主演の「南極大陸」(TBS系)の第1話(10月16日放送)の22.2%で、それを塗り替えたことになる。


もうサントラ出てたー
大人気みたいね。
まわりみんな面白いゆうんだけど、いまいち見る気になれず見てないアテクシw
女王の教室が合わなかったからなー・・・
posted by お天気そらじろう at 13:25| ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。