スポンサードリンク

2012年04月13日

祇園の7人死亡暴走事件に思う

京都の祇園でワゴン車が暴走して歩行者らを次々とはね7人が死亡した大惨事から一夜明け、詳しい事件の状況がわかってきた。


容疑者の藤崎晋吾容疑者(30)は、突然意識を失う『てんかん』の持病があったことが判明。

また、暴走が始まってから電柱に衝突するまでの360mの間、ブレーキ痕は一切なかったという。


この状況から警察は、藤崎容疑者が車の運転中に突然意識を失い、車が暴走したのではないかとみて事故原因の解明を急いでいる。

藤崎容疑者の家族の話では、最近てんかんの発作で意識を失う頻度が多くなり、プライベートでの車の運転を禁止、事件の3日前にも家族会議で「車に乗らなくてはいけない仕事は辞める方向で考えたほうがいい」と忠告したばかりだったという。

************************************

またまたてんかん発作による暴走か・・・(たぶん間違いないでしょう?)

免許更新のときに、自己申告してなかったらしいね。
会社にも知らせてなかったとか。


誰かを殺すことになるかもしれないんだから、申告するべきだったと思うわけです。


気持ちはわかるんだけどね。
就職とか困るわけだし、ご飯食べていかなきゃいけないから・・・

て、いうと根源は社会や政府の問題になってくると思うわけですよ。






posted by お天気そらじろう at 17:45| 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。