スポンサードリンク

2012年11月01日

海猿作者がツイッターで激怒!「フジTVはクソみたいな会社!」続編パーでフジTVピンチ?



26日のツイッターで、

大ヒット作『海猿』作者の漫画家・佐藤秀峰氏が
フジTVへの怒りをあらわにした。


佐藤氏によるとフジTVは今までにも
多々の失礼な行動を佐藤氏に対してとってきたらしい。

事務所にアポ無しで突然の取材や、
海猿関連の書籍を
原作者の佐藤氏になんの相談もなく発売するなど、

今まで我慢してきた佐藤氏も
たびたびの非礼についに愛想が尽きたようだ。


『海猿』は誰でも知っているように
今やフジの看板ドル箱作品。

TVドラマは大人気で
シリーズを重ねるたびに視聴率はうなぎのぼり。

今夏から公開中の海猿第4弾となる映画
『BRAVE HEARTS 海猿』も、

興行収入が72億円を突破し
邦画部門で今年のナンバーワン興行収入となっている。


フジTVと言えば『踊る大捜査線』も大人気作だが、

こちらは今公開中の映画で
シリーズラスト。

フジTVの2大ドル箱作品が
両方とも“終了”となれば、

多大知れない打撃が予想される。


佐藤氏は28日の動画出演の際も
「フジTVはクソみたいな会社!」
「今後一切関わるつもりは無い」
「海猿続編は絶対に無い」
と、

フジTVを絶対に許さない体勢。

大ヒット中の映画に関しても
「海猿の第4弾映画も、今すぐ公開中止にしてほしい」
と、

怒り心頭なのだ。


かわいそうなのは
伊東英明や坂口健二など海猿に出演する俳優達。

特に伊東は
「パート12まできたら舞台化したい」
と語るなど、

作品に対する思い入れはかなりのもの。


本当にパート12で舞台化したら
それはそれは大ヒットしただろうが、

作者をおろそかにしたフジTVのせいで
それもおじゃん。


海猿ファンとしては
早く佐藤秀峰氏に謝って和解し、

また名作『海猿』の続編を見たいものである。







posted by お天気そらじろう at 16:21| ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

あの前クールナンバーワンドラマがDVD化!

前クールナンバーワンとの呼び声も高い
鍵のかかった部屋。


嵐・大野くんが主演を務めた人気推理ドラマ『鍵のかかった部屋』が
DVD−BOXになった!


大野君演じる榎本や青砥・芹沢に
いつでも会えるのは魅力的!


ファンは鍵のかかった部屋DVD−BOX
絶対GETだよ!

posted by お天気そらじろう at 10:44| ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

大人気「家政婦のミタ」最終回は40パーセント越え!11年ぶりの快挙!

21日に放送された「家政婦のミタ」(日本テレビ系)の最終話が、平均視聴率40.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことがわかった。

40%台を記録したの2000年3月26日に放送された「日曜劇場・ビューティフルライフ」(TBS系)最終回の41.3%以来11年9カ月ぶりの快挙
最終話の瞬間最高視聴率は午後11時から4分間で、42.8%を記録した。

「家政婦のミタ」は、女優の松嶋菜々子さんが主演し、今年のドラマで最高の視聴率を記録し話題となっていたドラマで、喜怒哀楽がなく無表情で、業務命令なら「承知しました」の一言で犯罪行為に至るまでなんでもやってしまう三田の振り切れたキャラクターが受けていた。

平均視聴率は初回から19.5%と好調な滑り出しで、第3話以降も19%台を順調にキープし、第5話で22.5%と初の20%超えを記録。
以降も6週連続で20%超えを達成し、三田の壮絶な過去が明かされた第8話では29.6%を記録し、ドラマ「JIN−仁 続編」(TBS系)最終話(6月26日放送)の26.1%を抜き、今年放送された連続ドラマで最高視聴率を記録していた。

最終回では、大台の30%を超えるかが注目されていたが、それを遙かに上回る大台40%に乗せた。

もうDVDBOXが発売されてたよん
すごいな、ミタ
でも私は前も言ったけど見てないのだw
見てみよっかなー
こんなに人気ってこたぁ面白いんだろう
posted by お天気そらじろう at 14:12| ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

松嶋菜々子主演「家政婦のミタ」第5話が高視聴率をマーク!大人気でキムタク超える!

女優の松嶋菜々子さん主演の、日本テレビ系連続ドラマ「家政婦のミタ」の第5話(9日放送)の平均視聴率が、22.5%を記録したことがわかった。

第5話の番組内最高視聴率は、午後10時51分と52分に24.5%を記録
これは関東地区の視聴率で、関西地区での平均視聴率は19.9%だった。

「家政婦のミタ」は、人気連続ドラマ「女王の教室」や、「魔女の条件」などを手がけた遊川和彦さんが脚本を担当。
今回の松嶋さんの役は、彼女には珍しく“非常に冷徹な”家政婦の三田灯(みた・あかり)だ。
三田が派遣された阿須田家は、母親が亡くなり、残された4人の子供と父親が家庭崩壊の危機に直面している家庭で、そこで三田が直面する様々な問題と人間模様を描いていく。
毎週水曜午後10時に放送中。

10月12日に放送された第1話が19.5%を記録し、最初から好スタートを切っていた「家政婦のミタ」。
初回に高い視聴率が出るのは普通で、段々と視聴率が落ちていくのが常の連続ドラマだが、第3話で初回超えとなる19.8%を記録。
秋の連続ドラマの中でも、全話で18%以上の高視聴率を達成しているのは、この作品だけとなっている。

今まで、今期の連続ドラマの最高視聴率は、木村拓哉さん主演の「南極大陸」(TBS系)の第1話(10月16日放送)の22.2%で、それを塗り替えたことになる。


もうサントラ出てたー
大人気みたいね。
まわりみんな面白いゆうんだけど、いまいち見る気になれず見てないアテクシw
女王の教室が合わなかったからなー・・・
posted by お天気そらじろう at 13:25| ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

NHKの新朝ドラ『カーネーション』始まる!初回は16.1%!

NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』が、昨日10/3からはじまった。

本作は女優の尾野真千子さん(29)が主演を務め、ファッションデザイナーのコシノ3姉妹の母で、自身もデザイナーの草分けとして活躍した小篠綾子(こしの・あやこ)さんをモデルとした子育て奮闘記だ。

ビデオリサーチ社の調査によると、平均視聴率は関東地区で16.1%、関西地区は16.2%だった。

ドラマは、大正2年、大阪岸和田の呉服商の家に生まれた次女・小原糸子(おはら・いとこ)がヒロイン。
男勝りでだんじりが大好き。大工になるのが夢の糸子だが、当時の日本では大工は男の仕事だった。
ドレスとの出会いをきっかけに「大工が男しか出来ない仕事なら、私は女にしか出来ないような仕事をしてやる」と一念発起。父の反対を押し切って女学校を中退し、ミシンの修業を積んで、洋装店を開業する。
しかし、結婚し3人目の子どもを身ごもった時、夫が出征先で戦死し、状況は一変。
女手一つで娘3人を育てることになるのだが……という物語。

脚本を担当したのは映画「ジョゼと虎と魚たち」(03年)などを手がけた渡辺あやさん。
主題歌には椎名林檎さんが書き下ろした曲「カーネーション」が採用された。
第一回は、少女時代の糸子に二宮星ちゃん、糸子の父・善作に小林薫さん、母・千代に麻生祐未さん、祖母ハルに正司照枝さんらが出演した。



ノスタルジックでなかなか良い歌かも
さすが林檎w
posted by お天気そらじろう at 16:14| ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。