スポンサードリンク

2011年11月07日

急性リンパ性白血病で入院中の大塚キャスター「目覚ましテレビ」に電話出演!明るく振舞うも「落ち込むこともある・・・」

急性リンパ性白血病の治療のため入院中の大塚範一キャスター(63)が7日、入院先の病院から「めざましテレビ」に電話で“生出演”した。

大塚キャスターは今月2日から「体調不良」を理由にフジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」(月〜金曜前5・25)を休んでいたが、6日「急性リンパ性白血病」と診断されたため同番組の出演を当面見合わせる事を発表した。

午前7時過ぎの同番組のニュースコーナーで出演した大塚キャスターは「突然お休みをもらって申し訳ありません」と謝罪し、自身でも驚きを隠せない様子で現在の病状や経過を説明した。

病気の自覚症状はまったく無く、10月下旬になんとなく首筋を触ったところ違和感を感じて病院へ行ったところ、精密検査で病気が発覚したと説明。
今後化学療法などのさまざまな治療が施される予定だが、医師からは「厳しい治療になることもある」と説明されたという。

声も番組出演時と変わらず、体調もなんら変わりがないことから「元気なんでギャップが大きい」としながらも、さすがに血液のがんでしょ。ちょっと落ち込むこともある・・・」とこれから先の不安ものぞかせる場面もあった。 
しかし、全体的に見ると「本当は年の差婚にでもなって話題になりたかったんだけど、こういうことで話題になって忸怩(じくじ)たるものがある」などと冗談を交えつつ、明るく振舞っていた印象。

復帰の見通しについては「3月、4月くらいになるかな?」早期の復帰を望んでいるようだ。
同局は「今後の番組復帰については、治療経過を見つつ、医師サイドおよび本人と相談して決定したいと思っています」とコメントしている。

 

 
posted by お天気そらじろう at 21:44| キャスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。